ITの仕事をしている人達
手をつないだ家族

施設の魅力

有料老人ホームには看護師がいる場合があり、もしもの時はその場で治療を進めていくことが出来ます。介護士は24時間おり、なにかあった時は頼りにすることが出来るでしょう。

この記事の続きを読む

キーボードを打つ手

人気の施設

有料老人ホームは入居費に30万円程度が必要となってきます。更にレベルが上がると、数百万円単位になることもあります。有料老人ホームに入居することで老後を安心して暮らすことが出来るでしょう。

この記事の続きを読む

笑顔の老婦人

ポイントはどんな点か

介護の現場では、立ったり座ったりとスタッフは様々な動きを行うため、動きやすく軽いユニフォームとなっています。では、このユニフォームは、他にどんなポイントを踏まえて作られているのでしょう。

この記事の続きを読む

利便性

ベンチに座る老夫婦

今、超高齢化社会を前に地域包括ケアシステムが推進されています。これは介護が必要な高齢者の方でもできるだけ自宅でケアできるためのサポートを充実させるということです。当然訪問介護への期待が高まりますが、現在訪問介護サービスを行う事業者は小規模なところが多いのが現状です。 大手事業者の8割以上は既に介護ソフトを導入して事務負荷を軽減しています。それだけでなく、介護ソフトを使用すれば、サービスを提供した履歴を利用してご家族の方への説明に役立てたり、今後の見通しを立てたりすることにも役立ちます。 一方小規模事業所にとっては費用面で導入が難しく、介護事業所経営においてもっとも重要な国保連への介護報酬請求業務がかなりの負担になっていました。

これまで主流だったパッケージ型介護ソフトに代わり、最近はASP型の介護ソフトが増えてきました。ASP型介護ソフトであればコンピュータへのインストールが不要でスマートフォンなどを利用すれば外出先でも入力ができます。つまり訪問介護をするような小規模事業所にとってはまさにうってつけなのがASP型システムということができます。 気になる料金面でも、月額使用料を設定しているものが多く、多額の初期費用を用意する必要がありません。利用者さんやヘルパーさんの人数に応じて金額が変わるものもあり、月によって人数に変動がある事業所でも安心です。必要な機能だけを申し込むこともできますので、途中で事業の規模やサービスの種類が変わっても柔軟に対応できるのがASP型の特徴ともいえます。もちろん法改正にも対応してくれますので、今後も長く使っていくことができるのがメリットです。